【細胞培養条件比較】HepG2


概要

細胞培養において、細胞種ごとに最適な培養条件が異なる。

今回はHepG2における最適な培養条件を探すために1〜7の実験を行った。 

 

結論

結果として比較した中では、HepG2⑦が培養条件として最適であるとわかった。

 

HepG2⑦培養条件

培地:DMEM

血清:FBS10%

容器:CellBIND

剥離剤:TrypLE(gibco,12604013,EDTA0.04576%)0.5mL/9.6or9cm2

seed数:4.50E+04

遠心条件:5min,4℃,2.1×1000rpm

 

 

 

 

終わりに

HepG2における細胞培養の最適条件は実験の結果DMEMの培地で、CellBindの容器を使用したものが一番増殖効率が良いという結果になりました。

他にも様々な培地・容器の組み合わせがあるので、今後も実験を続け、より最適な培養条件を探していきます。

 

今回の実験で使用した弊社が取り扱っている培養容器は下記にて販売中!

 

最初にコメントする

すべてのコメントは、公開前に承認されます。